読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

煩悩に支配される我輩は常に慚愧する。

ええ歳したオッサンが、ご朱印集めに奔走するフワっとした感じの記録。

近畿三十六不動尊霊場 第四番札所 心王山 殊勝院 京善寺

近畿三十六不動霊場

田辺の法楽寺からはちょっと北へ行ったところにある。天王寺駅からちょっと東に行った所だ。

 

近畿三十六不動尊霊場 第四番札所 心王山 殊勝院 京善寺

霊場HP 近畿三十六不動尊霊場会 公式ホームページ(近畿36不動尊巡礼のご案内)

 

天王寺の街中でちょっとわかりづらいところにある。グーグルMAPを見ながらでも迷いかけた。

 

f:id:reoponz:20161012003633j:plain

仁王門。まだ新しいのは平成元年に再建されたから。

 

f:id:reoponz:20161012003635j:plainf:id:reoponz:20161012003634j:plain

もちろん仁王様もいらっしゃる。おじゃまいたします。

f:id:reoponz:20161012003639j:plainf:id:reoponz:20161012003638j:plain

仁王様の裏には狛犬が。なんか丸っこくてかわいらしい狛犬だ。

 

あと先に書いておくがここ京善寺では何故か本堂の写真を撮り忘れている。

 

・・・あの男のせいだ。

 

 

f:id:reoponz:20161012003636j:plain

本堂の向こう側に鐘楼があり、

 

f:id:reoponz:20161012003637j:plain

その向かいにはお不動様の石仏が。

 

このお不動さんのお参りを済ませ、いよいよ本堂をお参りする。お参りを済ませ写真を撮ろうとしていると、ダダダッと若い男がひとり境内へ走りこんできた。スーツ姿でネクタイは無く、一見夜の仕事をしていそうな雰囲気のイケイケ風イケメンだ。何故か非常に焦っている。なんだなんだと、見ていると大急ぎで本堂前で手を合わせ、また走って出て行ってしまった。そして乗ってきたであろうタクシーに飛び乗り、瞬く間に走り去ってしまった。時間にして1分もかからない早業だった。

あっけにとられて茫然としていたが、気をとりなおして御朱印をいただき次の寺へと向かったのでした・・・。

そう、本堂の写真はあっけにとられ茫然としてるうちに撮った気分になっていました。お寺さんはこじんまりしつつも静かで落ち着いたいいお寺さんなのでまた再訪したいと思います。

 

f:id:reoponz:20161012003659j:plainf:id:reoponz:20161012003658j:plain

御朱印。